パンダクラブコンシェルジュがナースを救う!!

Part1.夜勤の肌荒れケア特集

看護師さんが避けては通れない「夜勤」。肌荒れに悩む方も多いのでは?アンケートでは約9割の方が、「夜勤による肌荒れが気になる」と回答。そんな夜勤の肌荒れケア方法を、その道の「プロ」パンダクラブコンシェルジュがレクチャー!

今回レクチャーしてくれるのは「美」担当 パンダクラブコンシュルジュ加藤 智一(かとう・ともいち)

「美」担当 パンダクラブコンシュルジュ加藤 智一(かとう・ともいち)
女性誌『25ans』編集部(ハースト婦人画報社)等の美容担当を経て、2005年に独立。
現在は女性誌・男性誌・WEBなど、さまざまなメディアにて編集・執筆を行うほか、2010年からは中国の女性誌「秀媛尚」でも美容連載をスタート。
アジアにも活動の幅を広げている。また、講演や製品開発、PRアドバイス等でも活躍。5月23日に著書「お洒落以前の身だしなみの常識」を講談社から上梓。
公式サイト「美肌百貨」 URL:http://www.bihada100ka.com/

看護師さんに聞いた!夜勤後、気になる肌荒れ症状は?

  1. 1位乾燥(77%)
  2. 2位クマ(67%)
  3. 3位にきび・吹き出物(60%)
  4. その他 むくみ、くすみなど
  5. ※ 2013年3~4月 ナースではたらこ調べ

1位は「乾燥」。勤務中は肌を保湿したり、化粧直しをする余裕がないことから、「夜勤明けは肌がパリパリに乾いている」、「頬が粉吹き状態になる」といった声も多かった。
次いで、世代を問わずに共通している悩みとして『クマ』が2位。
「夜勤が続くと、皮脂が過剰に出てしまう」、「ニキビが出やすいので、脂とり紙が手放せない」といった、『にきび・吹き出物』に関する悩みが3位という結果に。

夜勤をすると、なぜ肌荒れするの?

肌荒れの原因は体内時計の乱れ。

看護師さんのような夜勤のあるシフト勤務の場合、睡眠と覚醒のリズムがずれてしまうために、さまざまな症状が体調や肌状態に現れやすくなります。
これは昼夜と明暗のリズムが乱れてしまうため。同じ症状では“時差ぼけ”があり、体内時計が狂ってしまうことが原因です。
この昼夜・明暗のリズムは人類の歴史とともに体内に取り込まれているため、それを現代社会に適応させようと思っても無理があるのは当然。
しかも、昼夜逆転が続く状態ではなく、シフト勤務のように勤務時間がたびたび変わる場合、身体がそのリズムに慣れる余裕がなくなります。
その結果として、眠りが浅くなる、疲れが溜まりやすくなるといった症状が生じてしまい、それが転じて肌荒れを引き起こす原因になるのです。

不規則な生活で体内時計が乱れる→眠りが浅くなる、疲れやすくなる→肌が荒れる

症状別、原因とおすすめケア方法をレクチャー!

1位乾燥 ~疲労の蓄積と乾燥した院内環境が要因に~

乾燥は、充分な睡眠がとれない、身体に疲労感が溜まっているといった場合、“肌荒れのサイン”として現れます。乾燥している院内環境も要因のひとつです。

やりがちNGケア
乾燥した状態を放置しておくのは最もNG!

「乾燥しているのにケアしている時間が無い」という理由で、頬が乾いている状態をそのままにしたり、夜勤明けでそのまま遊びにいくからといって充分な保湿ケアをしないままに、いきなりファンデーションを塗ってしまったり…など、肌を雑に扱うのは厳禁。正しいスキンケアを怠っていると、乾燥感はますます加速していきます。

おすすめケア
こまめな保湿”が最も効果的

特に乾燥が気になる院内環境では、スキンケア効果を長時間持続させるのは難しいので、寝起きのスキンケアから7、8時間経ったら、手持ちの保湿クリームや乳液で“レスキュー保湿”をしましょう。そのとき、ファンデーションの崩れが気になるなら、皮脂が気になる部分をティッシュで軽くおさえてから乳液を塗布すると、きれいに仕上がります。
ロッカーに保湿ケアアイテムを配置し、休憩時間を使ってこまめな保湿を継続することで、肌の乾燥感は少しずつ緩和していきます。

こまめに保湿をしましょう。
こまめに保湿をしましょう。

乾燥対策プランをみる

2位クマ ~摩擦や、紫外線による色素沈着、加齢によるたるみなど、複合的な要因が~

目の下は皮膚が極端に薄いため、血液の循環不全が表立って現れやすい部位。しかも、ファンデーションを塗ることによる摩擦や、紫外線による色素沈着、加齢によるたるみなど、複合的な要因が重なっていることが多いのです。

やりがちNGケア
皮膚をこすったり引っ張ったりするマッサージは逆効果!

目もとにマッサージを施そうとして、目もとの皮膚をこすったり、引っ張ったりするのはダメ。目もとの皮膚は摩擦による刺激に弱いため、アイクリームを塗るときにゴシゴシとすり込むように塗ったり、引っ張って余計な力をかけてしまうと、たるみや色素沈着の原因になることがあるからです。

おすすめケア
目を休めて、保湿、ツボ押しマッサージを

目を休めること、保湿を行うことが基本ケア。花王「蒸気でホットアイマスク」のような温熱ケアを行ったり、就寝中に保湿ケアシートを活用することで、日々の目の疲れをリセットすることが大切。皮膚が薄い目もとはマッサージ法が難しいので、図1にあるような、目もと周辺のツボ押しなど、皮膚を引っ張らないテクニックを取り入れたほうがベター。目もと専用クリームを塗布しながら実践しましょう。
また、乾燥ケアと同様に、“こまめな保湿”も肝心。休憩時間を活用して、アイメイクが崩れない程度に、浸透しやすい目もと用ジェルを塗布してみるなど、目もとのうるおいをキープしてください。

図1
力を入れすぎず軽い痛みを感じる程度に押しましょう。

3位にきび・吹き出物 ~皮脂分泌バランスの乱れが要因~

睡眠・覚醒のバランスとともに、皮脂分泌バランスが乱れてしまうのが、その要因。ただ、自己流ケアはニキビが悪化することがあるので要注意。

やりがちNGケア
クレンジング、洗顔のしすぎは大間違い!

過剰な皮脂分泌を「うるおいすぎている」と勘違いして、「素肌にクレンジングオイルを使っている」、「1日に2、3度は洗顔している」という大間違いなケアをしている人に多いのが、ニキビ・吹き出物。過剰に皮脂分泌をしているのは、乾燥しているから。実践すべきは保湿ケアになります。

おすすめケア
”アブラをとる”よりも”保湿することでアブラをおさえる”ケアを

ニキビや吹き出物が気になるときは“洗いすぎ”が原因の場合もあります。起床時はぬるま湯のみの洗顔にして、洗顔料を使うのは就寝前だけなど、洗顔料・クレンジング剤を使いすぎないようにしてください。
ただ、洗いすぎないように、とはいえ、メイクしたまま寝てしまうのは論外。「疲れて洗顔する気力がない」というときは、コットンで拭きとるタイプのクレンジングローションを使えば、時短ケアになります。その後、就寝中にも使えるクリームマスクを塗るだけで、翌朝のうるおいが違ってきます。
ニキビや吹き出物に使える敏感肌ケアを使うのも有効ですが、まずはスキンケアの基本を見直しましょう。

必ずメイクを落として、しっかり保湿をしましょう。
必ずメイクを落として、しっかり保湿をしましょう。

夜勤の肌荒れケア商品プレゼント&特典付きプラン

乾燥におすすめ!

夜勤明けの疲れたお肌を再生!
目覚めたらぷりぷりの肌に♪

オムニサンス ニュアージュ・ドォー フェイスマスク
ホテル内スパでも導入されている、自然派スパブランドのフェイスマスク。野生のパンジーの抽出エキス、海洋深層水などの成分を配合。塗布後すぐに浸透し、即効性があるので、就寝前に塗ればみずみずしく潤いのある肌に。
パンダクラブ購入特典
商品ご購入で「オムニサンス」シャンプー&
コンディショナー各30mlのミニセットプレゼント

オムニサンス ニュアージュ・ドォー フェイスマスク

詳細をみる


  • twitter
  • mixi

この特集、どう?

  • イイかも
  • うーん

希望に合う特集を届けるから、あなたの評価を教えてね。