肌荒れを防ぐにはコレ!オススメ対策方法♪

こんにちは!パンダクラブ編集部です!

夜勤など、生活リズムが不規則になりやすい看護師さん。
肌荒れリスクとのつきあい方を工夫している方も多いのではないでしょうか?

今回は「肌荒れ防止対策」についてのアンケート結果を発表します!
 

肌荒れ防止対策についてのアンケート結果

※2018年3月6日~3月31日実施 有効回答数658件
Q1. 肌荒れしないために気をつけていることはありますか?
pc_line.pngimg_001-400x0.png

肌荒れ対策をしている人が9割と、ほとんどの方が
肌荒れをしないために何かしているという結果でした。
では、みなさんの「マイ肌荒れ対策」を見てみましょう!
Q2.どのようなことに気をつけているか教えてください。
その1 とにかく保湿をする!
pc_line.png

「化粧水は自分に合うものを選ぶ。化粧水は二回に分けてたっぷり入れる。」
(大阪府・20代)

「お風呂上がりはスグに化粧水をつける。とにかく保湿を心がける。」
(和歌山県・30代)

「どんなに眠くても化粧落として、しっかり保湿!そして週1度のパック♪
 安いパックでもやるとやらないでは全然違う!」
(岩手県・30代)

「メイクはしっかり落として寝る、セラミド入りの化粧水、美容液を使用し、
 乳液はヘパリン類似物質入りのものを使い保湿をしっかりしている。
 花粉の時期は花粉対策用の下地、メイクの上から更にミストタイプのものを使用」
(東京都・20代)

「温泉水を小瓶に入れてポケットへ、時間毎顔に霧吹きしている。」
(福岡県・50代)


やはり「しっかり保湿をする!」という回答が一番多くありました!
使う保湿アイテムはお手頃なものをたっぷり使うという人や、
高級品を使用する人などさまざまな回答がありましたが
値段に関係なく自分の肌に合ったものを選び、しっかり肌にうるおいを与えることがポイントのようです。

その2 化粧を落とす・肌を休める pc_line.png

「どんなに疲れてもメイクだけ先に落とす」
(大阪府・30代)

「メイクは帰宅したらすぐ落とす。夜勤中はメイクを落とす。
 保湿はつねにたっぷりと行う。ニキビには洗顔が大事!」
(東京都・30代)

「クレンジング時に目まわりを避け、クレンジングをしたあと
 クレンジング液が浸透するように数分置いてから目まわりを落とす。
 洗顔時も同じく少し時間を置き、しっかり毛穴まで届くようにする。
 これで約5年ほど不規則な生活をしてもニキビなど一度も出来ていないです。」
(兵庫県・20代)

「なるべくお化粧をしない。した日はしっかりクレンジング!」
(青森県・30代)

「ホットクレンジングを愛用して、メイクの汚れをしっかり落とすようにしてます。」
(愛知県・20代)

「休みの日には、化粧をしない」
(奈良県・40代)


帰宅後は疲れて化粧を落とさず、そのまま寝てしまいたくなりますよね。
でもどんなに疲れていても化粧落としを必ずすることが、肌荒れを防ぐためには大事!
そして、化粧をしない日を作り、肌を休めることも大切という回答もありました。

その3 体の中からケア! pc_line.png

「大豆や発酵食品、食物繊維を摂取して、腸内環境を綺麗に保っています。
 また動物性タンパク質とビタミンは一緒に摂取するようにしてます。」
(東京都・40代)

「酒粕が美容に良いと聞いたので、1日50グラムきっちり測って甘酒にして毎晩飲んでます!
 今年に入って続けてますが、潤いは保たれている気がします!」
(奈良県・40代)

「一週間に一回はしっかり汗をかく運動をし、その分水分もしっかり摂る。
 乳酸菌飲料やヨーグルトを毎日食べ、毎日スッキリ排便があるようにし
 老廃物の蓄積を防ぐ。化粧水はお風呂から出る前につける。」
(東京都・20代)

「水分補給、日焼け止めで紫外線予防、ビタミン・ミネラルを補給して活性酸素予防」
(愛知県・30代)

「腸内環境を整えるため、発酵食品を積極的に取るようにしています。
 あと家ではレモン白湯を飲んでビタミンC補給!(笑)」
(東京都・20代)


ヨーグルトなどの発酵食品を食べて腸内環境を整えたり、
野菜や果物、サプリなどでビタミンCを摂取するなど、飲食物に関する回答も沢山ありました。
化粧水などの外からのケアに加え、 体の中に取り入れる物も意識することが、
肌荒れ対策に効果的という声でした。

その4 その他のケア方法 pc_line.png

≪睡眠をよく取る≫
「化粧はしっかりと落とし、ミストなどで常にお肌に水分補給をしてます!
 なるべく睡眠は多く取るようにしてます!
 特にお肌のゴールデンタイムには寝るようにしてます!(22時~2時)」
(大阪府・30代)

「寝られる時間は、出来るだけ寝るようにしている。ビタミンを取り、保湿に気を付けている。」
(埼玉県・30代)

≪夜勤時は化粧を控える≫
「夜勤の時はファンデーションを塗らない。フェイスラインのニキビはマスクがあたると痛いので
 ガーゼをあててからマスクをする」
(東京都・20代)

「夜勤の時は、化粧水、乳液、日焼け止めのみにしている。忙し過ぎて、化粧を落とす時間がないため。
 夜勤明けには必ず、潤い浸透マスクで、お手入れしています。」
(大阪府・40代)

≪日焼け対策をする≫
「屋外に出る時は日焼け止めを塗って、帽子や日傘などを使用する。
 ビタミンCの多い食べ物を食べる。保湿をしっかり行う。」
(栃木県・30代)

「サプリメントは種類が多く値段との相談にもなるので、皮膚科で処方してもらっています。
 日焼け止めは年中使い、首まで塗っています。」
(岐阜県・30代)


睡眠はやっぱり重要ですよね。とはいえ睡眠をしっかりとるのが難しい時は、
夜勤時の化粧をなるべく控えたり日焼け対策をするなど、
自分の生活リズムの中でできる対策を組み合わせてみると良いかもしれませんね♪

pc_line.png

以上、みなさんのさまざまな肌荒れ対策をご紹介してみました!
外からのケア・体の中からのケア・生活習慣など、普段はコレだけ!という方も
他の方法を試してみてはいかがでしょうか?


パンダクラブ編集部では、今後もどんどんアンケートを行ってまいります!
どうぞご期待ください☆

ナースではたらこへ