看護師さんは結婚に有利?不利?気になるその理由とは!

こんにちは!パンダクラブ編集部です!

結婚相手を選ぶ時、相手の職業は大事なポイントですよね。
「看護師」という職業は、結婚を考えている相手にとってどのような印象なのでしょうか?

今回は、「看護師は結婚に有利か不利か?」についてのアンケート結果を発表します!
看護師さんのリアルなご意見を見てみましょう…!
 

看護師は結婚に有利か不利か?についてのアンケート結果

※2017年12月28日実施 有効回答数200件
Q1. 看護師は結婚に有利・不利 どちらだと思いますか?
pc_line.pngimg_001-400x0.png

「看護師は結婚に有利」だと思う看護師さんは59%でした。
一方で、「看護師は結婚に不利」と思っている看護師さんは41%。
どのような理由で看護師は結婚に有利もしくは不利と感じるのでしょうか。
それぞれの回答の理由を聞いてみました。
Q2. 上記の理由を教えて下さい。
「有利」派その1 看護師というだけで好印象
pc_line.png

「いい仕事だねと言われることが多い。」(愛知県・40代)
「看護師というだけで目の色が変わるのが分かる。夜勤があると1人の時間もできます。」(東京都・40代)
「看護師が好きという人が多い。」(神奈川県・30代)
「看護師というだけで、信用される。」(神奈川県・30代)
「職業を自信を持って答えられる。」(愛知県・30代)
「看病してくれそう、優しそうと言われます。」(東京都・20代)
「相手方の親や祖父母に気に入られる。」(東京都・20代)

看護師というだけで周囲の人から好印象を持たれるケースが多いようです。
さらに、「モテる」職業ということに加え結婚となったとき、
相手の親族からは信用されやすい職業なのかもしれません。

「有利」派その2 結婚後も働きやすい pc_line.png

「収入が安定しているから、相手も結婚後の生活をイメージできる。」(大阪府・30代)
「結婚や出産で離職しても復職しやすい。
 配偶者の勤務先が変わっても自分の仕事に困らない。」(群馬県・40代)
「家庭状況にあわせて仕事の仕方が選べる。」(茨城県・30代)
「収入が安定している。病院を選べば勤務時間通りに帰れる。」(愛知県・30代)
「再就職に困らないから。」(三重県・30代)

結婚して仕事を辞めた後、働きたくてもなかなか再就職先が見つからず苦労する方は少なくありません。
その点看護師は需要が多く、資格職でもあるため再就職先が見つかりやすい傾向にあるようです。

「不利」派その1 お金目当ての人が寄ってくるpc_line.png

「ダメ男に引っかかって貢いでいる友人が多い。」(埼玉県・40代)
「お金があると思われてダメ男に好かれる。」(滋賀県・30代)
「収入を当てにされやすい。」(北海道・20代)
「お金持ちと思われる。」(大阪府・40代)
「お金を目当てにされる。」(栃木県・20代)
「手に職があるので、収入を目当てにされているように感じる。」(京都府・40代)

看護師は収入が安定しており、経済的にも自立していると 一般の方にも認識されているようです。
しかし、中にはその「収入」を当てにしてしまう方も…。
頼りにされるのはうれしいことですが、お金目当てとなると話は別ですね。

「不利」派その2 特殊な勤務時間 pc_line.png

「不規則勤務で夜勤があり、どうしても相手や家族の協力が必要であるため。」(沖縄県・20代)
「夜勤で生活が合わない。」(福岡県・30代)
「夜勤で生活リズムも合わないし、
 夜間の大変さが伝わりづらく明けの日でも連れ回される。」(福岡県・30代)
「土日祝日が必ずしも休みではないし、夜勤の時何をしているか不安。」(福岡県・50代)
「シフト制なので休みが合わない。」(北海道・20代)

生活リズムが一定ではないことが多いため、理解してもらうことが難しいケースがあるようですね。
相手に夜勤の大変さを伝えるには、話し合いをして理解を深めてもらう必要があるかもしれません。

pc_line.png

今回のアンケートでは看護師さんは結婚に有利と思う方が若干多い結果となりなりました。
プラス点とマイナス点、両方をよく知っておくことで良い結果につなげられるといいですね♪

パンダクラブ編集部では、今後もどんどんアンケートを行ってまいります!
どうぞご期待ください☆

ナースではたらこへ