これならできそう!ナースがやってみたダイエッ



こんにちは!パンダクラブ編集部です!


食欲の秋と言われるほど、この時期は美味しそうなものがたくさん店頭に並んでいますよね。
でもついつい食べ過ぎてしまうと「あれ?白衣がキツイ…」なんてことも!?


本日は、そんな【ダイエットに関するアンケートの結果】と【みんながこれまでやってみたダイエット方法】をお届けします♪
 

ダイエットアンケート結果

※2017年10月3日~10月31日実施 有効回答数662


その1
ダイエットをしたことがありますか?

pc_line.png
diet_keiken.png


その2 ダイエットに成功したことがありますか?
pc_line.png
diet_seikou.png

ダイエットをしたことがある人は全体の87%
その内、ダイエットに成功したことがある人は63%という結果に!
痩せたい!と思ってもなかなかうまくはいかないようですね…



その3 痩せたい部位はどこですか?
pc_line.png

diet_bui.png


痩せたい部位の第1位は太もも!
パンツスタイルや座った際に太さが目につきやすいのにも関わらず、一度肉がつくとなかなか細くなってくれないクセモノ部位ですね…


一方、2位のウエストはダイエットをすると比較的、早く痩せやすい部位ですが
最初に肉がつきやすい部位でもあるので、いつものスカートのフィット感で太ったことに気付いたなんてことも多いのではないでしょうか。




みんなが痩せたい部位は下半身に多いことがわかりましたが、気になるのはそのダイエット方法!
様々なダイエット方法がありますがキツイものは続かないし、どれを試せばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、みなさんにこれまでやったことのあるダイエットを聞いてみました♪
 

私はこれをやりました! 食事編


「テレビで紹介されていた1日の食事を8時間以内に済ませるダイエットは無理がなく長期間続けられました。
朝食べるのを我慢して、昼12時に昼御飯を食べるとすると、夜8時までに晩御飯を食べて、あとは、お茶や水以外は摂取しません。その代わり、昼御飯や夜ご飯のメニューに制限はありません。アルコールもOKだそうです。
半年位かけ、4キロくらいダイエットしました」(大阪府・40代)


「生理1週間前だけ食前に豆乳を飲む。毎晩寝る前にデトックスウォーターを飲む。食べることが好きなので、制限するのではなく、摂取する方を選びました。便通も良くなって、周りからも「痩せた?」と聞かれることが多くなりました。」(福岡県・20代)


「主食を白米→麦ご飯に変えた。 また、春雨やヒジキを加えた。ヒジキはカルシウムも繊維、鉄分が豊富。
基本は『まごわやさしい』で自炊する。寝る3時間前にはアルコールも食事も済ませる。基本は看護で学んだ知識を生かす!」(宮城県・40代)


「1度成功したのが米を夜だけ食べるというダイエット。1年くらいで5キロ減量しました。」(埼玉県・40代)


「夜の白米を食べない。夜勤のときも、出たご飯は翌朝のオニギリとする」(神奈川県・40代)



ダイエット中の気になる食事ですが、話題の低糖質ダイエットの影響なのか、
白米の量を控える!という意見が多く寄せられました。
白米が我慢できない方は、食べ物の縛りがない8時間ダイエットだとストレスが少ないかもしれませんね♪

 

私はこれをやりました! 運動編


「ナースコールダイエット!コール対応毎にマイナス1kcal~♪と思いながら仕事をする。楽しく仕事できるし、私は3kg減りました。実際万歩計の歩数が5000~8000歩増えていてました!」(長崎県・30代)


「ユーチューブの初心者向けのエアロビクスを12分間夜勤以外は毎日やってます。痩せるというよりは代謝がよくなります。簡単なので、オススメです。」(神奈川県・30代)


「通勤で30分以上歩く。遊びに行く時も1つ違う駅で下りて歩いて帰る。」(東京都・30代)


「歩く際に大股で歩くこと。常に腹筋を意識した力を入れること。」(愛知県・30代)


「徹底的にエレベーターではなく階段を使う。髪を乾かしたり歯磨き中にスクワットや踵上げをする」(神奈川県・20代)


激しい運動はなかなか続かないことも多いですが、いつもの生活の中にちょっとした運動を取り込んでみるのは挑戦しやすそうですね。
ナースコールでカロリー消費は看護師さんにしかできない技です!

 

私はこれをやりました! モチベーション編


「1日に6回くらい体重を測る。起床後、昼食の前、昼食後、夕食前、お風呂に入る前・入った後と何度も体重を見ることで、痩せていくことを実感したり、逆に危機感を持つことができ、実際に痩せました!」(神奈川県・20代)


「友達など、誰か意識の高い人と一緒にすることだと思います!私はヨガ教室を友達と一緒に行きました。1人では続けられるか不安でも、友達と一緒なら励まし合いながら継続できました!実際の経験です。」(和歌山県・30代)


「目的を決める。いつどこに行くときに痩せていたいから頑張るとか。」(新潟県・40代)


「モデルを見て戒める」(石川県・20代)


「公開体重測定」(茨城県・50代以上)



ダイエットを継続する上でモチベーションも大事ですよね。
〇〇のため!と目標を決めたり、痩せた時には自分を褒めることでやる気をアップすることでダイエットが楽しくなるかもしれません。
また、周りの目を気にしてみたり、体重の変化と向き合うことで危機感を持つ方法も!でも無理は禁物ですよ!

 

私はこれをやりました!  その他


「夜勤明けは疲れてひたすら寝る。めちゃめちゃ食べるのに三交替で働いたらそれだけで5kg痩せました」(福岡県・20代)


「あえて、自分じゃなく、犬の体重維持のために、一緒に散歩をいっぱいする。犬のためなら、頑張れる」(埼玉県・40代)


「好きな人を作る!やっぱりきれいになりたいと思うし、ホルモンも分泌されて食欲抑制になる!」(愛知県・30代)


「胸が張り裂けそうな恋をする」(愛媛県・50代以上)




恋は身も心も綺麗にしてしまうのですね、素敵です!
そして夜勤明けはたくさん寝ることで、摂取カロリーが低くなり痩せたのでしょうか?
寝ていると空腹を感じないので、運動も食事制限も嫌な方にはぴったりかもしれませんね。


pc_line.png

いかがでしたか?
「これならできそう」と思ったものがあれば試してみてはいかがでしょうか♪

パンダクラブ編集部では、今後もどんどんアンケートを行ってまいります!
どうぞご期待ください☆

ナースではたらこへ