看護師は患者さんに幸せをもらえる仕事
~国際短期医療ボランティア体験記~

東京逓信病院/看護師 宮本かりん氏

4日間の短期休暇を利用して「遠い異国の医療」に触れる。そこで認識する「ルーチンな看護業務の意味」「恵まれた医療環境のありがたさ」そして「看護師は患者によって生かされている」という真実。日本で病院勤務をしながら、短期休暇を利用して「国際医療ボランティア」を経験した宮本さんにご自身の体験を語っていただきました。

執筆者プロフィール

宮本かりん氏
東京逓信病院/看護師

埼玉県出身。自治医科大学看護学科卒業後、東京逓信病院 血液内科・内分泌代謝科などで現在も勤務中。2013年6月、休暇を利用してジャパンハートの短期ボランティア(ミャンマー)に参加。

看護業務一つ一つの意味を考える